*

反対意見が出る提案やアイディアこそチャンスの種だった

反対意見
何か提案をしたとしましょう。

「いやぁ、それは素晴らしい!やっちゃいましょう」
と、全員が賛成することって、ほとんどないです。

反対意見が出る=チャンス

少し難しそうな意見が出ると、必ずと言っていいほど出るのが
反対意見』です。

「それは難しいので、出来ないですねぇ」
なんて言葉が発せられたら、それはチャンスと思いましょう。

いろんな仕事術を探してみる

え?なんでチャンス?
と思うかもしれませんが、こんな理由です。

半日休暇制度の導入に見るチャンスの理由

以前、私は、半日有給休暇制度の導入を提案しました。
その時は、あっさりOKをもらったのですが(^_^;)

でも、考えてみたら、会社側にはデメリットなのです。
今までは、早退や遅刻分を、給料から引けたわけですから、人件費削減となりました。
でも、有給扱いになりますので、半休取得は、会社側にメリットがありません。

本来であれば、反対意見が出てもおかしくないのです。

しかし!

もし反対意見が出たとしても、安心しましょう。
半休を導入することで、最終的にどうなるのか?というのが重要です。
それを、説明できればいいだけなのです。

つまり、半休制度を導入することで、職員が働きやすくなります。
今までは、遅刻とか早退するくらいなら、有給で休んだほうが良い。
という選択をしていた可能性があります。

しかし、半休があれば、半日だけ休んで、あとの半日は仕事をすることができます。
現場にとって、人員がいることは、メリットです。
うちは介護施設ですから。

働きやすい職場は、職員が定着する確率が高いです。
職員が定着すると、採用コストと教育コストが抑えられます。

つまり、会社にも、職員にも、どちらにも大きなメリットなわけです。
いわゆるWin-Winな関係を築くことができるのです。

参考になる記事がありますので、リンクを貼っておきます。

有給休暇とコミュニケーション

少し話しを変えます。

有給休暇は、職員に与えられた権利です。
しかし、早退や遅刻、欠勤は、権利ではありません。

有給休暇は、休日だけでは癒せない場合にリフレッシュする、などの理由で取得するのがベターです。
病欠を有給扱いにするとか、そういうのはなるべくやめた方がいいですね。

そんなわけですから、わざわざプライベートな理由を、会社にいう必要はないわけで、理由が「私用のため」で、全く問題はありません。

が、例えば、他の地域へ旅行に行くとします。
北海道から東京とか。
それ自体は、素晴らしい有給の使い方なので、良いとか悪いとかではありません。

しかし、災害や事故などで、帰って来られない確率が高くなります。
そうなると、予定よりも多く休むことになりますね。

事前に、そういう情報があれば、シフトを組むなどの業務を行う、管理的な職にある人にとって、最悪のケースを想定することができるのです。
災害とか事故とかあれば、休むかもしれないという、心の準備ですね。
これはつまり、リスクマネジメントにも繋がるのです。

これこそが、職場のコミュニケーションの元となるのです。

そもそも、権利を主張する場合は、義務を果たしてから。
これを忘れてはいけませんよ。

関連記事

信頼

信頼を得るためにやっておく4つのこと

私の元に、こんな手紙が届いたのは、先ほどの事だった。 『あのぉ、信頼を得るためにはどうした

記事を読む

ベクトルの足し算-良い例

どれだけ同じ方向を向くことができるかが重要です

仕事でも何でもいいんですけど、何かこう、向かってる方向が違ってる? なんて思うことはないでしょうか

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


IN THE SKY
相手から興味を持ってもらうためにできる簡単なこと

相手が自分に興味があること。 それって何だと思いますか? 実は

スマートフォンの充電方法
100円ショップの小さい紙袋を使ったスマートフォンのステキな充電方法

携帯電話を充電するときに、 専用のクレードルがあれば、 まぁ、普通

パソコン
【スキルアップ】何年何ヶ月何日?をExcelなどの表計算ソフトで調べる方法

MicrosoftのExcelやGoogleのスプレッドシートなど

転職雑誌
退職のお知らせ

私、この度、現職場を退職することに決めました。 マイナスの意

忍者式
事務スタッフとして忍者的に現場スタッフをアシストする方法

【note】 https://note.mu/no178/n/n4cd

→もっと見る

PAGE TOP ↑